よくある質問

調布市社会福祉協議会(調布社協)について

市民や様々な機関・団体の参加・協力によって福祉のまちづくりをめざす民間の福祉団体で、略して社協と呼ばれています。

全国の都道府県及び市区町村に組織されている公共性の高い団体で、その地域の特性にあった活動を展開しています。

A 「いつまでも住みつづけたいと思うまちづくりをめざして」を基本理念に、

○生活上のお困りごとの相談

○高齢、障がい、子ども・若者、生活困窮などの福祉サービスの提供

○住民や様々な機関・団体との協働による、地域でのつながりづくりや支え合いの活動の推進

などに取り組んでいます。

ちょビット協力金(会費)・寄付について

A 調布社協の賛助会費のことです。みなさんによりわかりやすく、親しみを持っていただけるよう、令和3年度より「ちょビット協力金」という愛称になりました。

A 以下のような地域のつながりづくりや支え合いの活動に活用されます。

・住民同士が交流する場「ひだまりサロン」
・子どもから高齢者まで、多世代が交流する「小地域交流事業」
・住民が運営する地域の居場所「野ヶ谷の郷」

A ありがとうございます。まずは調布社協(総務課)にご連絡ください。

寄付もちょビット協力金同様、地域の様々な福祉活動に活用します。

A 調布社協への寄付及び募金は寄附金控除の対象になります(ちょビット協力金は所得税及び損金算入のみ)。
また、調布市より税額控除の対象となる証明を受けています。

広報紙「ふくしの窓」について

A 各戸にポスティングでお届けしているほか、総合福祉センターなどの社協の各拠点、公共施設で配布しています。また、ホームページからもご覧いただくことができます。

イベントカレンダー(4~5面)などに掲載可能です。掲載基準をご確認ください。
詳細は「ふくしの窓」をご覧いただくか、総務課までお問い合わせください。

A 一枠(縦3.5㎝×横7.5㎝)20,000円(税込)で募集しています。

詳細はこちら(https://www.ccsw.or.jp/fukushinomado/)をご覧いただくか、総務課までお問い合わせください。

総合福祉センターについて

A 調布駅中央口・広場口から徒歩3分、グリーンホールの隣(市役所側)の建物です。

A 毎月第3日曜日、祝日、年末年始、臨時休館日が休館です。

A 平日は8時30分~21時30分、土日は8時45分~21時30分です。

  ただし、貸出室の予約状況や館内設備点検等により、変更になる場合があります。

職員の採用について

A 採用を行う場合は、このホームページでお知らせします。採用情報からご確認ください。