福祉まつり

毎年12月の第1土・日曜日に、福祉団体・福祉施設・大学OB会や企業などの奉仕団体・ボランティアグループ・事業所などの参加によって、手作り品販売、バザー、模擬店、街頭募金、体験コーナー、ステージプログラムやトレジャーツアーなどの内容で実施しています。

調布市福祉まつりとは

第44回調布市福祉まつり あいはここから~つなげよう未来へ~

皆さまからのあたたかいご支援・ご協力を受けながら、大きく形を変えて実施した第44回調布市福祉まつりも、盛況の内にめでたく終えることが出来ました。ありがとうございました。

こちらの閉会式動画をもって第44回は終結とさせていただきますが、すぐにまた次回の福祉まつりについての話題が皆さまの元に届くと思いますので、ご期待ください!

 

●第44回の企画はしばらく掲載させていただきます。以降が、その実際の内容となります。

今回はおまつりの形を変えて実施します!

今はみんなで集まることができなくても、今回の福祉まつりで生まれたあなたの『あい』が未来に届いて、またみんなで集まれる日がきっと訪れます。
『であい・ふれあい・ささえあい』、いろいろな形の『あい』をつなげよう未来へ!

調布市福祉まつりキャラクター『サニーくん』▶

オンラインで参加しよう!

調布社協YouTubeチャンネルで、福祉まつりを楽しむための様々な動画を配信します。順次配信していきますので、定期的にHPをチェックしてください。(調布社協YouTubeのチャンネル登録もお願いします!)

●第44回調布市福祉まつりが始まりました!まずは開会式動画をご覧ください!

 

●形を変えた今年の福祉まつりについて『ドルチェボーイ』が面白おかしく紹介します!(ネタの評価は激甘でお願いします)

 

●福祉まつり参加団体のPR動画(3本)です。調布市内で活動している様々な団体・施設を、この機会にぜひ知ってください!

●福祉まつりの魅力・歴史について、実行委員の方々が熱く語り合います。前編・後編と分かれています。動画をご覧になったみなさんも、ぜひ福祉まつりへの想いを未来につないでください!

 

●来年はみんなで‟わっか”になって踊れるように、レクチャー動画を見て踊りを覚えよう!

福祉まつり募金で参加しよう!

福祉まつりの目的の一つである福祉団体の活動資金確保のため、バザーや対面販売ができない今回は、市内各所に募金箱を設置しました。

集まったお金は福祉団体・施設へ配分します。

福祉団体・施設の活動資金となるように応援してください。

募金箱設置先についてはこちら

第44回調布市福祉まつりの募金箱です

募金箱設置期間:12月6日(月)~令和4年1月28日(金)

カフェ&ショップめぐりで参加しよう!

第42回調布市福祉まつりから続く福祉のお店の応援企画です。

<参加方法>
①ガイドマップ(ふくしの窓11月号2面)を持ってお店に行く
②お店のスタッフからサインかスタンプをもらう
12月6日(月)~令和4年1月28日(金)の期間に、ガイドマップ(ふくしの窓2面)を総合福祉センター1階(小島町2-47-1)に持って行き、景品をゲット!(先着順)
めぐったお店の数に応じて景品をプレゼント!1店舗だけでももらえるよ!

カフェ&ショップめぐりガイドマップ(ふくしの窓11月号2面)のダウンロード(PDF)

 

下記の企業・団体より、景品提供のご協賛をいただきました。

(五十音順)
●FC東京
●株式会社ノルコーポレーション
●株式会社八洋 多摩営業所
●斉藤倉庫株式会社
●トヨタモビリティ東京株式会社
●マインズ農業協同組合 神代支店
●マインズ農業協同組合 調布支店
●有限会社 勝文堂
その他、個人の方からもご提供いただきました。

第44回調布市福祉まつりカフェ&ショップめぐり
お店をめぐって景品をもらおう!