お知らせ一覧

令和元年度事業報告・決算をアップしました

2020/07/01 記事

<事業報告>①令和元年度事業報告(総括)②令和元年度事業報告(法人運営)③令和元年度事業報告(地域福祉)④令和元年度事業報告(高齢者福祉)⑤令和元年度事業報告(障害者福祉・児童福祉)⑥令和元年度事業報告(低所得者福祉・資金の貸付・権利擁護・総合福祉センター)⑦令和元年度事業報告(福祉人材育成センター)⑧令和元年度事業報告(市民活動支援センター)⑨令和元年度事業報告(希望の家)⑩令和元年度事業報告(こころの健康支援センター)<決算>①令和元年度法人全体決算書類②令和元年度法人全体附属明細書③令和元年度地域福祉推進拠点区分計算書類・附属明細書④令和元年度障害者総合支援事業拠点区分計算書類・附属明細書⑤令和元年度緊急援護資金貸付拠点区分計算書類・附属明細書⑥令和元年度調布市希望の家拠点区分計算書類・附属明細書⑦令和元年度希望の家深大寺拠点区分計算書類・附属明細書⑧令和元年度歳末たすけあい拠...

「住居確保給付金」について

2020/04/22 記事

●5月21日より、厚生労働省「住居確保給付金相談コールセンター」が開設されました。住居確保給付金に関するお問合せ等については、下記コールセンターを利用していただくよう、お願い申しあげます。<住居確保給付金相談コールセンター>電話番号 0120ー23-5572受付時間 9:00~21:00(土日・祝日含む)●離職や減収などにより住居を失った方、または失うおそれのある方へ支給する「住居確保給付金」については、下記の手順によりご相談ください。※現在、非常に多くのお問合せをいただいており、窓口が混み合っております。 申請にはお時間がかかることをご理解いただきますよう、お願いいたします。 お問合せ先 電話番号 042-481-7693受付時間 平日(月~金曜日)9:00~17:00 ご相談手順 (1)住居確保給付金のご案内及び要件について、ご確認ください。  住宅確保給付金の...

緊急小口資金(特例貸付)について

2020/03/25 記事

令和2年3月25日から、新型コロナウイルス感染症に係る生活福祉資金特例貸付の申請受付を開始しました。詳細については、東京都社会福祉協議会のホームページをご覧ください。 ※緊急小口資金(特例貸付)については、令和2年4月30日より、  労働金庫連合会にて郵送による申請を開始しております。 <労働金庫連合会>  電話番号 0120-22-5755  受付時間 9:00~17:00(平日のみ) ※緊急小口資金(特例貸付)については、令和2年5月28日より、  調布郵便局にて申請を開始しております。 <調布郵便局>  電話番号 0570-030-934●4月11日より、厚生労働省「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」が 開設されました。 特例貸付に関するお問合せ等については、下記コールセンターを利用していただくよう、 お願い申しあげます。 <個人向け緊急小口資金・総合支援資...

総合支援資金(特例貸付)について

2020/03/25 記事

令和2年3月25日から、新型コロナウイルス感染症に係る総合支援資金(特例貸付)の申請受付を開始しました。詳細については、東京都社会福祉協議会のホームページをご覧ください。●すべて郵送での申請となります。申請手順は以下の通りです。 ①電話でお問合せください。  電話番号 042-481-7693  受付時間 平日(月~金曜日)9:00~17:00 ②申請書一式をご自宅に郵送します。 ③申請書類が完成したら、同封の返信用封筒に切手を貼って、ご返送ください。●4月11日より、厚生労働省「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」が 開設されました。 特例貸付に関するお問合せ等については、下記コールセンターを利用していただくよう、 お願い申しあげます。 <個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター>  電話番号 0120-46-1999  受付時間 9:00~21:00(土...

障がいのある方のためのパソコン講習会 No.5 「パソコン、スマホ、タブレットなんでも個別相談会」第3回 

2020/08/06 記事

 令和2年度 障がいのある方のためのパソコン講習会 コース№5「パソコン、スマホ、タブレットなんでも個別相談会」第3回 日頃パソコン・スマホの操作等で困っていることがあるのだけど…。店頭とかメーカーには聞きにくいし…。障がいがあっても大丈夫かなぁ。 そんなお悩みをお持ちの方のために、一対一で約1時間個別に相談できる会を開催いたします。 料金も格安です!※申込みの際に相談したい機器をご連絡いただき、当日お持ちください。​日時 9月11日(金)①午後1時~2時 ②午後2時15分~3時15分           ③午後3時30分~4時30分場所 総合福祉センター4階 生活支援室対象 市内にお住まいの障がいのある方とそのご家族、支援者定員 各回2名※多数の場合は各回の抽選となります。費用 500円募集 8月6日(木)~9月3日(木) 講師 清水美佐子氏、多田京子氏**申...

ドルチェだより8月号ができました!

2020/08/03 記事

障害者地域活動支援センタードルチェのニュースレター「ドルチェだより」8月号ができました!ドルチェだより8月号は、8月の土曜ドルチェ 夏の作品展の案内と職員の退職、異動のおしらせを掲載しています。2ページから3ページには、新しい生活様式の熱中症対策、ドルチェサロン、自主グループの再開の様子、障がいのある方のためのパソコン講習会の参加者募集を掲載しています。4ページには、ドルチェの事業再開情報を掲載しています。!日時などの詳細はカラーイメージをクリック!読上げ用テキストはWord、PDFでご確認ください。皆さんの参加お待ちしております!読み上げ用Word版はこちらをクリック読み上げ用PDF版はこちらをクリックドルチェだよりカラーイメージはこちらをクリック

「令和2年7月3日からの大雨による災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金の募集について

2020/07/29 記事

令和2年7月の大雨災害により、各地で人的被害をはじめ、堤防の決壊による住宅への浸水被害、土砂崩れによる家屋の倒壊等甚大な被害が発生し、複数県の市町村で災害救助法が発令されました。 この災害により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。 現在、専門的な技術をもつ被災県内のNPO・ボランティア団体によって支援活動が展開され始めています。こうした被災県内の団体によって行われる被災者支援活動を応援するため、中央共同募金会では、「令和2年7月3日からの大雨による災害にともなう災害ボランティア・NPO活動サポート募金」を募集しています。 上記に伴い、調布市総合福祉センター1階・2階に募金箱を設置いたします。 皆様から寄せられた募金は中央共同募金会へ送金いたします。 受付期間 令和2年7月6日(月) ~ 令和2年12月28日(月)まで 皆様のご協力をお願いいたします。

「令和2年7月豪雨災害義援金」の募集について

2020/07/29 記事

令和2年7月の大雨災害により、各地で人的被害をはじめ、堤防の決壊による住宅への浸水被害、土砂崩れによる家屋の倒壊等甚大な被害が発生し、複数県の市町村で災害救助法が発令されました。 この災害により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。  中央共同募金会では、被災された方々への支援を目的に義援金を募集しています。 上記に伴い、調布市総合福祉センター1階・2階に募金箱を設置いたします。 皆様から寄せられた募金は中央共同募金会へ送金いたします。 受付期間 令和2年7月13日(月) ~ 令和2年12月28日(月)まで 皆様のご協力をお願いいたします。

【8/24,31】自主グループ対象 夏休み特別講習会「離れていても簡単につながれます 初めてのオンライン会議

2020/07/13 記事

 令和2年度 障がい者のある方のためのパソコン講習会 夏休み特別講習会「離れていても簡単につながれます~初めてのオンライン会議(Zoom)」 リモートワークやオンライン会議の普及で一気に知れ渡った「Zoom」。今までは使用方法がわからなかったり、必要としないと思われていた方々も急遽使うことになったという人も多いのではないでしょうか。8月24日、31日にパソコン講習会では、日頃パソコンで連絡を取っている自主グループの代表の方を対象にオンライン会議特別講習会を行います。多田京子講師を招いてZoom機能の初歩から学んでいただきます。​Zoomの紹介まずZoomとは・・・アメリカに本社を置く「Zoomビデオコミュニケーションズ」が提供するwebミーティングツールの名称です。テレビ会議と同じ仕組みで、Zoomを使えば離れた場所にいる者同士がインターネットを介して、映像と音声でリアルタイムにコミュ...

「調布市希望の家分場」一時移転のお知らせ

2020/07/03 記事

調布市希望の家分場が改修工事に伴い、調布市希望の家(富士見町2-16-33)へ一時移転します。移転期間中は、下記にご連絡ください。期間:7月6日~令和3年3月まで問合せ:042-426-8071(分場専用回線)

うたごえドルチェ休止のお知らせ

2020/07/03 記事

調布市障害者地域活動支援センタードルチェ     うたごえドルチェ休止のお知らせ調布市障害者支援活動支援センター「ドルチェ」で行われているうたごえドルチェは当面の間休止とさせていただくことに致しましたのであらためてお知らせいたします。今後の開催につきましてはこのホームページ上でご案内いたします。

令和2年度調布市地域福祉活動支援事業 助成団体決定

2020/07/02 記事

【令和2年度調布市地域福祉活動支援事業 助成団体決定】地域で福祉活動を行う団体の基盤づくりや新たなチャレンジを助成金等で応援する調布市地域福祉活動支援事業の今年度助成団体が決定しました。団体の詳細は以下の添付ファイルをご覧ください。助成団体では地域のみなさんが参加できるサロンやイベント・講演会等を実施しています。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。〈問合せ〉総務課 事業担当令和2年度助成団体一覧(PDFファイル)

~助成金情報~令和2年度赤い羽根共同募金地域配分(B配分)の申請受付スタート!

2020/07/01 記事

 今年も、赤い羽根共同募金 地域配分(B配分)の申請受付がスタート! 地域配分(B配分)は、それぞれの地域でお寄せいただいた寄付金の一定割合を、その地域で活用することを目的としており、地域性の高い施設・団体が行う地域福祉の推進を目的とした具体的な事業が対象となります。 調布市内でも毎年、障がい者施設を中心として多くの施設・団体から申請を受け、宿泊事業や社会体験活動、備品整備などに幅広く活用されています。  市内では、昨年度の共同募金で7,801,288円もの募金をお寄せいただきました。その金額の65%(5,070,000円)が今年度、市内の施設・団体の地域福祉推進事業のために配分されます。地域のみなさまの温かいお気持ちによって支えられているこの配分金を、ぜひご活用ください! 応募資格市内区域内に所在する地域福祉の推進を目的とする事業を行う各種民間社会福祉施設、団体など(原則として、申請時...

【7/1~再開】総合福祉センター教養娯楽室及び浴室の一般開放

2020/06/26 記事

休止となっておりました、教養娯楽室及び浴室の一般開放につきましては、7/1(水)より再開します。なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下のとおり運用が一部変更となっていますので、ご了承ください。<共通>・対人距離をあけて利用してください(2m目安、最低1m)。・利用前後の手指消毒の徹底をお願いします。・飲食は禁止です(水分補給除く)。<教養娯楽室>・定員は16人です。超えた場合は、譲り合って利用してください。・開放時間を短縮します(9:00~17:00→10:00~16:00)。・利用時間は3時間以内を目途にしてください。・マスクを必ず着用してください。 <浴室>・曜日及び時間に変更はありません(男:火曜日、女:水曜日 13:30~15:30、受付は15:00まで)。・一日の定員を縮小(30人→12人)し、同時利用は3人までとします。・利用時間は30分...

「マスクバンクプロジェクト」に協力しています

2020/06/22 記事

調布市商工会青年部が実施する、「マスクバンクプロジェクト」に協力しています。「マスクバンクプロジェクト」ポスター■マスクバンクプロジェクトとは政府から支給されたマスクや、購入したマスクで余剰となったものを、市民の皆様から寄付していただき、必要としている業態(医療・介護・福祉・保育)に配布するプロジェクトです。■詳 細衛生面から包装開封前のマスクの寄付をお願いします。■送付先〒182-0026東京都調布市小島町2-36-21調布市商工会館 調布市商工会青年部 マスクバンクプロジェクト事務局■その他窓口専用BOXを用意して受け付けています。・総合福祉センター(小島町2-47-1総合福祉センター)・市民活動支援センター(国領町2-5-15コクティー2階)・菊野台コーナー(菊野台1-38-1菊野台地域福祉センター内)・富士見コーナー(富士見町4-15-6富士見地域福祉センター内)・緑ヶ丘コー...

ドルチェだより6月号ができました!

2020/06/05 記事

障害者地域活動支援センタードルチェのニュースレター「ドルチェだより」6月号ができました!ドルチェだより6月号は、「頑張ろうドルチェ!」をテーマにドルチェ職員、協力員の一言やドルチェに送られてきた応援FAXを紹介しています。ドルチェサロンの再開日も決定しました!日時などの詳細はカラーイメージをクリック!読上げ用テキストはWord、PDFでご確認ください。皆さんの参加お待ちしております!読み上げ用Word版はこちらをクリック読み上げ用PDF版はこちらをクリックドルチェだよりカラーイメージはこちらをクリック

ふくしの窓5月号(第262号)掲載記事の訂正について

2020/05/13 記事

日頃より、調布社協広報紙「ふくしの窓」をご覧いただきありがとうございます。5月10日に発行いたしました「ふくしの窓 第262号」の掲載記事に間違いがございましたので、お詫びのうえ、以下の内容に訂正させていただきます。関係者の皆様には、ご迷惑をおかけいたしました。深くお詫び申しあげます。〇ふくしの窓 令和2年5月10日号 7面 伝言板  子ども家庭支援センターすこやか 記事 訂正 <訂正後の内容> 子ども家庭支援センターすこやか でのボランティア  ※あなたの経験や特技を生かしてイベントの補助をしてくださる方を募集しています。  募集要件 子育てに関心のある満18歳以上の心身ともに健康な方  場 所 子ども家庭支援センターすこやか      (国領町3-1-38ココスクエア2階 京王線国領駅1分)  備 考 事前にボランティア...

ふくしの窓3月号(伝言板)の総合病院でのボランティア募集について

2020/03/17 記事

3月10日発行の【ふくしの窓3月号】の伝言板(7ページ)に掲載しておりました、総合病院(調布東山病院)でのボランティアは、ボランティア人数が充足したと連絡がありました。現状はご応募をいただいてもお断りせざるをえない状況となりましたため、しばらくは採用活動を休止するとのことですのでご承知おきください。この件に関するお問い合わせは、調布東山病院人材開発課(042-481-5520)までお願いいたします。

【11/23 FC東京との赤い羽根共同募金 募金活動について(ご報告)】

2019/11/25 記事

【11/23 FC東京との赤い羽根共同募金 募金活動について(ご報告)】 11月23日(土・祝)2019明治安田生命J1リーグ第32節FC東京VS湘南ベルマーレ戦(味の素スタジアム)において、FC東京との協働で赤い羽根共同募金の募金活動を実施いたしました。FC東京との協働企画も、今年で8年目になります。当日は、雨が降りしきる寒い1日でしたが、多くの方が足を止めて、募金してくださいました。募金していただいた方にはFC東京のチームカラーである青赤の羽根と、マスコットキャラクターである東京ドロンパをデザインした当日限定の羽根をお配りしました。同じデザインのピンバッジ(当日限定1,200個)は、今年も早々に完売いたしました。 FC東京の選手やジュニアユースのみなさん、「ミス調布」のみなさんも、募金活動に参加してくださいました。 みなさまのご協力に心より感謝申しあげます。募金総額794,421円※バ...

平成30年度地域福祉コーディネーター報告書が完成しました

2019/09/01 記事

平成30年度の地域福祉コーディネーターの取組をまとめました。以下のページよりダウンロードできます。http://www.ccsw.or.jp/soudan/ccsw/