• トップ
  • お知らせ
  • 緊急事態宣言に伴う総合福祉センターの対応について(令和3年9月13日)

最新のお知らせ

2021/09/13

緊急事態宣言の中、感染が拡大していることを踏まえ、さらなる人流の抑制を図り感染防止を行うため、「調布市公共施設の開館・利用における感染拡大防止ガイドライン」に基づき、次のとおり対応いたします。
利用者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申しあげます。

【期間】
令和3年9月13日(月)~9月30日(木)
※9月19日(日)、20日(月)、23日(木)は休館日です。

【利用制限内容】
1 飛沫拡散を防止するための措置として制限する活動
・発声を伴う活動(合唱、詩吟、民謡、カラオケ、発声を伴う体操等)
・マスクを外して行う楽器の演奏(管楽器、ハーモニカ、笛に類するもの等)
・激しい運動(息が上がる程度に体を動かす等)

2 密や接触を避けるための措置として制限する活動
・人と人との距離を保てない活動(社交ダンス、フォークダンス等)
・道具を共有する活動(囲碁、将棋、麻雀、茶道等)

3 上記1及び2以外の制限内容
・基本的な感染防止対策として、手洗い・マスク着用・換気・3密の回避等の徹底をお願いします。
・午後8時までに退館してください。(設備点検等により、閉館時間が早まる場合があります)。
・教養娯楽室の一般開放は休止を継続します。
・浴室の一般開放及び貸切での利用は休止を継続します。
・茶室の利用を休止します。
・わかくさショップを休業します。
・会議室等の利用人数に制限を設けています(詳細はお問い合わせください)。
・水分補給を除き、飲食はできません。

【注意事項等】
・マスクの着用をお願いします。
・37.5度以上の発熱がある場合や咳・呼吸器系症状・倦怠感など、風邪症状がある時はご来館をお控えください。
・出入り口は正面玄関(調布駅側)のみです。通用口(市役所側)は閉鎖しています。
・利用前・利用後の手指消毒を徹底してください。
・センター入館時にAIサーマルカメラで自動的に検温を行っています。37.5度以上の発熱がある場合、入館をお断りします。
・身体的距離を確保し、近距離での会話・発声はご遠慮いただくなど、3密を避けた行動をしてください。 また、換気を実施してください。
・会議室等の貸出し利用者は、手が触れた供用備品類(机、椅子など)の消毒をお願いします。

【その他】
・国・東京都の動向や新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、内容が変更になる場合があります。

【問い合わせ】
総務課 042-481-7617
 

職員採用情報